金融機関と自己破産について

起業をすることを夢見ていたために、サラリーマン時代に必要な資金をしっかりと集めることにしました。働いて稼いだお金を使って、起業をする時にきちんと役立てたいと思っていたのです。しっかりと資金を集めることができた結果、念願の自分の店を持つことに成功しました。店を開いてお客さんの接している時間は、本当にやりがいを感じていたので幸せだったのです。

しかし、景気が悪くなってからは客の数が激減してしまいました。様々な工夫を重ねて対策を練ったのですが、なかなか客の数は増えることはありませんでした。せっかく起業をしたにも関わらず、失敗をすることはとても情けないと思っていたのです。しかし、そのまま店を構えていると借金が増えてしまうことも恐れていました。

そこで、金融機関で相談をしてみることにしたのです。もっとお金を借りたいと思っていたのですが、金融機関の方に、より良い方法を提案してもらうことになりました。その方法は、自己破産という方法を選ぶことでした。自己破産をすることを決意するまでには、少し時間がかかってしまいました。

しかし、自己破産をすることによって問題を大きくしないのであれば良いかもしれないと思い、決断に至りました。