消費者金融からの返済に困り自己破産を選択

仕事やプライベートでうまくいかないことが続いて、ストレス発散のために買い物を続けるようになりました。インターネットで簡単に注文することができ、支払いは金融機関から発行されたクレジットカードを使用していました。給料日前に実店舗で買い物をするときにも、金融機関のカードローン枠を利用してキャッシングを利用していたので、気づいたときには利用限度額がぎりぎりの状態になっていました。

駄目だとわかっていても、買い物依存症から抜け出せず、今度は消費者金融で借り入れをして複数の金融機関から総額で300万をこえる借金になっていました。給料から返済をしても間に合わないくらい借金が多く、利息を支払うこともできな状態になりました。自宅や会社にまで取り立ての電話がかかってきて、追い詰められた状態になりました。

返済能力を超える借金を作ってしまい、これ以上は生きていくのが無理だと感じたので、弁護士に相談をすることにしました。弁護士からは借金総額や毎月の収入を鑑みて、自己破産をしたほうがいいとアドバイスをしてくれました。自分も自己破産しかないという気持ちがあったので手続きを行うことにしました。

所有していた車や高級品は手放すことになりましたが、人生をリセットしたような気持ちになれました。